seal

印鑑にも種類があるって本当?実印って何?

かっこいい印鑑

みなさんは、実印と認印の違いは何かと聞かれたら、何と答えますか。私自身、つい数ヶ月前まで、印鑑に種類がある事や、実印とは何かという事を、よく理解していませんでした。上司に、「15歳以上であれば登録することができるから、早めに登録をしておいた方が良い」と言われ、初めて実印が公的な印鑑であるという事を知りました。
そもそも実印とは、公正証書の作成や、官公庁での手続き、資産や財産の移動や売買などの際に使う印鑑です。実印を押印することで、「その決定が自分の意思である」という事の証明となるので、ごく限られた、重要な時だけ使う印鑑となります。
実印として認められるには、各市区町村に登録の届け出をする必要があります。登録を行う印鑑は定められた規定の範囲内であれば、自由に決める事ができます。しかし、他の人と同じ印鑑は登録できないので、大量生産されたものや、複製される可能性のあるものは避けた方が良いです。また、ゴム印も変形しやすく、後に判別が難しくなる事があるので、許可されない事があります。
本人のものであれば、フルネーム、姓のみ、名のみ、どれでも構いません。女性は結婚などで姓が変わる場合もある為、名だけの記載の人もいます。ただ、自治体により多少ルールが違うので、印鑑を作る前に確認をしてください。実印は、人生の大きな選択のときに必要な印鑑です。いざという時に困らない為に、早めの登録をしておきましょう。

実印にできないものできるもの

大切な書類や契約時など実印の出番になると思います。そういうことから他の認印などと比較してもかなり凝ったものなどが実印に選ばれることが多いようです。幸運で縁起がいい実印というのも聞かれますが、実際にはデザイン的なものとしては特に規定はなく、実印として使用するための印鑑登録はできることになっています。多くの実印が他の認印などの印鑑と比べて難しい書体や画数がより多くなるような漢字を使ってい…

More Details

Pick up

TOP