seal

実印の材質やサイズや強度はどのくらいか

大きなハンコ

運転免許証を取得して、頑張ってお金を貯めていよいよ憧れの新車を購入しようと思ったときに、その手続きをするにあたり必要になるのが実印です。このときに役所に印鑑登録をして印鑑証明をしておかなければならないということに初めて気がつく人たちは多いのではないかと思います。ではどんな実印を作ればいいのだろうかということで、ほとんどの人はその知識を持っていないことでしょう。認印と実印は兼用しないほうがいいというくらいしかわかっていないかもしれません。
印鑑登録というのは15才からすることができるので、早い人は高校生のうちに実印を作る人たちがいることでしょう。サイズは8-25ミリまでと決められていて幅がありますので比較的自由に選ぶことができます。希少な材質を使うと数万円もかかりますが、そうでなければ数千円で作ることができるでしょう。
その材質としては柘、黒水牛、牛角といったものがあり、高いものほど欠けにくさがありますので、印鑑は欠けてしまうと不吉であるとされていることを信じている人たちは、そのあたりを意識することができるかもしれません。朱肉のノリがいいのかそうでもないのか、ということもありますが、やはり高いものほどいいのは確かです。

実印にできないものできるもの

大切な書類や契約時など実印の出番になると思います。そういうことから他の認印などと比較してもかなり凝ったものなどが実印に選ばれることが多いようです。幸運で縁起がいい実印というのも聞かれますが、実際にはデザイン的なものとしては特に規定はなく、実印として使用するための印鑑登録はできることになっています。多くの実印が他の認印などの印鑑と比べて難しい書体や画数がより多くなるような漢字を使ってい…

More Details

Pick up

TOP