seal

実印は大切な場面で使います

印鑑

子供の頃はハンコなんてどれも同じだろうと軽く考えていました。しかし、様々な状況で使い分けなければなりません。まず実印ですが、これは大切な場面で使うハンコです。地方の自治体に登録申請し、受理されたものです。住民票のある場所で登録しないといけないので、引越をした場合は新たに登録しなければいけません。どういう場合に使用するかというと、不動産を購入するときなどですね。
資産や財産を売買したり移動するときに使います。登録申請が受理さえすれば、印鑑の質は関係ありません。ただしゴム印や同型印などは、複製されたり変形される可能性が高いので使用できません。大切なものなので、少し素材にこだわっても良いと思います。私が持っている実印は本柘で高級感があり気に入ってます。
よく使う印鑑に認印があります。これは書類などを読んで目を通した、認めましたということを表すために使われます。実印と比べると、個人を証明する力は劣ります。大量に出回っている陰影が同じハンコがよく使われていますね。会社ではよく使用する印鑑です。
宅配便や回覧板などにシャチハタを使われる方も多いと思いますが、これも認印のようなものですね。実印はかなり重要な場面で使います。特に大きなお金が動くときですね。ですので管理もおろそかにしてはいけません。失くしたりするのはもってのほかです。しっかり保管しましょう。印鑑が原因でトラブルに巻き込まれたりすることもあるので、知識を勉強しておいた方がよいです。

実印にできないものできるもの

大切な書類や契約時など実印の出番になると思います。そういうことから他の認印などと比較してもかなり凝ったものなどが実印に選ばれることが多いようです。幸運で縁起がいい実印というのも聞かれますが、実際にはデザイン的なものとしては特に規定はなく、実印として使用するための印鑑登録はできることになっています。多くの実印が他の認印などの印鑑と比べて難しい書体や画数がより多くなるような漢字を使ってい…

More Details

Pick up

TOP